何を基準に選ぶ?iPhoneが故障したときの修理店の選び方

安全性を重視したいのであれば正規店を選ぼう

iPhoneが故障したときに安全性を重視して修理店を選びたい場合は、正規店を選ぶのが効果的です。正規店であれば、その機種に合った正規の部品を使って修理を行ってもらえます。そのため修理を行うことによる新たな故障の発生は防げるでしょう。正規店での修理では新品の部品を使って修理を行ってもらえるため、修理後のiPhoneが新品同様の見た目になっているケースもあります。正規店で修理を行うときの注意点は保存しているデータが失われてしまう可能性があることです。正規店では修理の際に初期化を行うケースが多いと言えます。初期化によってデータが消えることが多いので、正規店にiPhoneを持っていく前にデータのバックアップを行っておくのが良いでしょう。

非正規店は価格が安いことが多い

正規店の場合はメーカーの純正品を使って修理を行うことが多いため、価格が高くなりやすいです。そのためメーカー保証の期間が終わっている場合であれば、正規店で修理するよりも非正規店で修理する方が安く済むケースが多いと言えます。また非正規店では破損状態によっては初期化を行わずに修理を進めてくれるため、データが消える心配が少ないでしょう。非正規店では電話応対の際にiPhoneの破損状態に関するカウンセリングが行われるため、店舗に行ってすぐに修理を行ってもらえるケースが多いです。待ち時間が長いのが苦手な人や時間に余裕がなくて今すぐにでも修理を行ってもらいたいという人は、正規店で修理をしてもらうよりも非正規店で修理を行ってもらう方が良いと言えます。

iphoneの修理を正規に行う場合は、まずappleショップを予約する必要があります。基本的には予約日に修理が終わりますが、ショップの混み具合によって細かい時間が変化するので、よく確認しましょう。

You Might Also Like