個人でもできる!ECサイトの作り方と運営の仕方

ECサイトを簡単に開店できるようになった

ECサイトがたくさん作られています。これまで店頭で商品を小売りしていたお店もECサイトを作る事で、全国に向けて通販できるようになりました。ECサイトは各社パッケージングされたサービスを展開しており、そのサービスに登録すれば中小企業でも、個人でもECサイトを開店できるのです。パッケージングというのはECサイトに必要な機能が一通り含まれているということで、商品ページの表示からショッピングカート機能、クレジット決済機能までちょっとした設定をすれば全て使えるのです。

従来ならばシステム開発会社に依頼してかなりの費用を掛けなければ、こういったECサイトは作れませんでした。しかしネットの発達と共に便利なサービスが続々と登場し、個人でも簡単にECサイトを開店できるようになったのです。

自宅でECサイトを使って販売する場合

自作のハンドメイドグッズなどを売りたい場合を想定します。商品は自宅にあるので、自宅を倉庫ということにして在庫しておきます。ECサイトに商品ページを作り、画像や説明分を載せて販売開始すれば、もう全国どこからでも注文できる状態になるのです。注文が入ると、売れた商品と客の名前や住所などがECサイトにデータとして入ってくるので、その情報を元に発送作業を行います。

たまに売れるぐらいなら段ボールや梱包材を少し買っておいて、発送の度に運送会社に集荷を依頼しましょう。毎日何個も売れるようになったら、毎日来てくれるように契約すると良いでしょう。こういったショップを運営し始めると客からの問い合わせが発生するため、主にメールで対応して本当のショップのような作業を行うことになるのです。

通販事業は現代ではサイト管理、モールカタログ、コールセンター受注など、多岐に渡って運営されています。そんな中、通販システムのパッケージを使うと、簡単に一つのシステムで通販業務を管理する事ができます。

You Might Also Like