ファッション誌から研修にふさわしい服装を学ぶ際に確認するべきこととは?

モデルの設定が自分のキャリアと似ているかどうか

「できる女性社員は、研修でこんな着こなしをしている!」や「デスクワークだけでなく研修にも使える万能スカートはこれ!」などと女性向けのファッション誌には、研修での服装特集がしばしば組まれています。このような特集を見ると、きれいな写真で新商品のスーツがたくさん紹介されているので、迷ってしまうこともありますよね。女性ファッション誌から研修の服装に関する情報を得る際は、どのようなことに気をつければ良いのでしょうか。

「新入社員研修は、思い切って甘めのワンピースで参加!」や「中途社員研修は7分丈のパンツスーツでヤル気を演出!」などという見出しがあれば、「こういう服装も研修でアリだよね」という印象を持ってしまいがちです。スタイルの良い女性モデルの着こなしは、素敵に見えるからです。しかし素敵に見えるからといって何でもかんでも鵜呑みにしてはいけません。背景の写真からどんな業界に勤務する女性なのかを判断したり、他のモデルとの相関図を想像して職場でどのようなポジションにいる女性なのかを読み解くようにしましょう。業界と職場でのポジションが自身のキャリアと似ていれば、モデルの服装を研修の際に取り入れても構いません。

研修の場よりも宣伝目的が優先されていないかどうか

そもそもファッション誌での研修の服装特集というのは、婦人服メーカーとタッグを組んでこれから市場に出すスーツの宣伝を目的にしていることがほとんどです。その結果、研修にふさわしいスーツを逸脱して、“売りたいスーツ”が優先されてしまうことがあります。いくらファッショナブルなスーツが紹介されていても、違う業界で働く女性を想定しているのであれば、研修の服装としては正解にならないことを心得ておきましょう。

時間がかかると敬遠されがちな社員教育ですが、会社に対する社員の貢献意識を高めて生産性が上がるなどのメリットがあります。

You Might Also Like