愛用のiPhoneを長持ちさせたい!防水加工の詳細を学ぼう!

端末が水没することで起こる問題について

iPhoneはどこにでも持ち歩くことができる一方、手を滑らせて水没させてしまうトラブルに遭いやすい欠点もあります。携帯電話の時代から端末を水没させてしまうトラブルは頻発していましたが、高性能のiPhoneは通話に限らず様々な用途に使われているため、水没で故障させてしまうと生活に支障をきたすおそれもあります。そのため、水のある所へは近づけないのが最善の対処法と言えますが、それでもうっかり水に濡らしてしまう可能性は否定できません。

iPhoneに防水加工を施す方法や注意点

iPhoneなどの端末を水没させた場合、見た目が普通でも内部に重大な損傷が生じている可能性があります。通電している時に水没させるとショートしてしまい、部品が完全に破壊されてしまうケースも少なくありません。水没したiPhoneは新品に買い替えるのが賢明な対処法とも言えますが、高額でもあることから安易に買い替えるのは難しいと言えます。そのため、ある程度の水濡れに耐えられるように防水加工を施すのが賢い方法と言えるでしょう。水の侵入を遮断する構造のケースにiPhoneを入れる方法もありますが、製品によってはタップ操作の反応が悪くなったりサイズが大きくなって持ちにくくなることもあります。防水加工は基板に防水コーティングを施す方法なので操作性は損なわれません。

iPhoneの防水加工は最寄りの修理業者に依頼することができます。業者によって料金や仕上がりの良し悪しが異なるので事前の確認は必須と言えるでしょう。また、非正規店での防水加工は改造扱いとなり、iPhoneメーカーの保証対象から外れてしまう点にも注意します。

iPhone修理店は、あらゆるiPhoneのトラブルに対応しています。多くの場合は即日受け取ることが出来る上、値段も良心的なので大変便利です。

You Might Also Like