ウェブ制作には様々な職種が関わっている!

ウェブ制作の仕事内容は?

ウェブ制作の主な仕事は、新規にウェブサイトを制作するほかウェブサイトのコンテンツを追加やリニューアルなどです。またウェブサイト関連だけに限らず、インターネットを利用したサービスやアプリケーションの制作などの業務に携わる場合もあるほか、ウェブ制作の仕事内容に企画やマーケティングが含まれている求人情報もあります。

ウェブ制作に関わる4つの職種

ウェブ制作は、ひとつの職種で成り立つものではなく大きく分けて4つの職種が関わっています。

ひとつは、制作に関わる全体の指揮やマネジメントをするウェブディレクターです。そしてデザインはウェブデザイナーが担当し、プロジェクトによってはウェブディレクターと兼任する場合もあります。

デザイナーによって作られてデザインをブラウザで表示させるように作り上げるのがフロントエンドエンジニア、メールフォームの機能などウェブサイトの裏側の仕組みを作るバックエンドエンジニアがいます。

未経験からでも挑戦できる!

ウェブ制作の仕事は、専門の知識がないと就職できないと思われがちです。もちろんITのスキルがあれば就職には有利でしょう。しかし、いくつもの職種が関わる仕事ですし、何よりも制作のフローを理解し仕事を進めていくことが重要です。そのため、未経験でも働きながら基礎から覚えスキルアップしていける職種でもあります。

それぞれの専門家とチームを組んでウェブサイトは制作されます。制作の補助からプレゼンテーション、マネジメントの業務から、実際にウェブ開発に携わることもあります。ウェブ制作に関心がある人は挑戦してみてはいかがでしょうか?

コーディングとはプログラミングと違って、より詳細な設計書によりコードを打つことをいいます。迅速なコードを打つ作業はコーダーの仕事ですがプログラマーが兼ねている場合も多いです。

You Might Also Like