営業活動を定型化できるのがマーケティングオートメーションを導入することのメリット

見込み客の掘り起こしを自動化できる

マーケティングオートメーションを導入することにより、見込み客の掘り起こしを自動的に行えるようになります。アナログ的な営業手法では、ユーザーにアプローチするタイミングを間違えてしまうことがあります。営業マンの感覚に頼ることは、成約率を安定させることは難しいのです。ユーザーの購買行動が、サイト経由中心になっている現状では、訪問して来たユーザーに購買意欲を喚起できるかが、成約率を大きく左右するのです。マーケティングオートメーションを導入することで、過去の顧客動向や、商材別の売り上げ履歴を元にした、適切なアプローチポイントを明確にしていくのです。

顧客へのクルージングの自動化

マーケティングオートメーションには、リードナーチャリングと呼ばれる教育手法があります。サイトを訪れたユーザーに対し、購買意欲を喚起させることを自動的に行えるのです。一般的な認知が低い商材の場合には、セールスポイントを事前に伝えておかなくては、購入する気にならないものです。自社のサイト上に、動画などのリッチコンテンツを配置しておけば、初めて訪ねて来たユーザーに対しても、商材の魅力を伝えられるのです。

マーケティングオートメーションを導入するにあたっては、自社にシステム構築するオンプレミス型と、Webサービスを活用したクラウド型があります。自社にシステムを構築するほうが、自由なカスタマイズができますが、予算と期間が掛かるのも実状です。機能を限定した活用で良ければ、クラウドタイプを用いた方が良いでしょう。

マーケティングオートメーションとは、マーケティング業務を自動化することで人件費を減らし、業務効率化と生産性向上を図るノウハウのことです。

You Might Also Like