企業で使えるストレスチェックの有意義な活用法

ストレスチェックとは?

ストレスチェックとは、ストレスに関する質問票に労働者が記入し、それを集計・分析することでどの程度のストレス状態にあるのかを調べることです。これにより、企業側は、労働者のメンタルヘルス、環境問題といったことをいち早く発見できるようになると言われています。労働者を50名以上抱えていえる事業所に関しては、2015年より毎年1回この検査をすべての労働者に実施することが義務付けられるようになりました。

企業でストレスチェックを円滑に進めるためには?

企業がストレスチェックを行う場合、あらかじめ労働者に、いつ実施するのか、どういった内容のチェックを行うのか、などを事前に伝えておく必要があります。しかしストレスチェックを受けるか受けないかは、労働者側の判断による為、強制することはできません。そのため、企業側は、ストレスチェックを行うのは医師や保健師が主体であることをしっかり伝えましょう。そして、会社の人間がむやみにデータ内容や結果を知ることがないよう配慮すること、個人情報が漏れないよう管理は徹底すると説明すれば、安心して受けてもらえるかと思います。

より良いストレスチェック・システムを選ぶためには

ストレスチェック制度により、色々なストレスチェック・システムによるサービスが開始されています。しかしどれを選んでよいのか迷ってしまいますよね。最低限システムには、個人情報管理がしっかりしていること、さらに企業側のデータ管理がしやすいとよいでしょう。そしてなによりも、できるだけ安いサービスがあれば魅力的です。データの分析力が高くや、事後対策などもしっかりしているとなお、良いかもしれません。

ストレスチェックシステムは従業員のメンタル状態がどのような状態であるか把握する為のシステムです。社員一人一人の精神状態が把握でき、うつ病の早期発見や予防に役立ちます。

You Might Also Like