屋外での使用にも最適!LED照明の特徴を把握して上手に使いこなそう!

LED照明は明度が高いので日中でも目立つ

LED照明は電球や蛍光灯よりも電力消費量が少ない他、耐用年数が長い特徴があります。維持コストが低く長持ちする点が高く評価され、照明設備の多くにLED照明が使われていますが、明度の高さも広く普及した理由の一つです。LED照明の光は拡散しにくい性質があるので、日中でも明るく照らすことが可能です。そのため、屋外に置く看板用の照明としても多用されています。拡散しにくい光は遠く離れた場所を照らすことにも適しているため、スポットライトにも向いていると言えるでしょう。吹き抜けの天井など高所から照らすならLED照明が便利です。

紫外線を放出しないので虫がたかる心配がない

街灯や自動販売機の光に虫がたかることがありますが、これは照明機器から放出されている紫外線に反応しているためです。見栄えが悪いうえに虫刺されや異物混入など様々なトラブルを引き起こすことがあります。その点、LED照明は通電させても紫外線を放出しないので虫がたかることはありません。建物の出入り口部分の照明やキャンプ用のランプなどにLED照明を使えば虫を気にせずに周囲を明るく照らすことができます。

LED照明を屋外で使う際の注意点

使い勝手が良いLED照明ですが、従来の照明機器とは異なる欠点もあるので扱う際には注意が必要です。LED照明は通電させてもあまり発熱しませんが、そのために冬季は雪が積もって光が遮られることがあります。また、LED照明は衝撃に弱いので、屋外での使用の際には衝撃を受けないように工夫しなければいけません。水濡れによる漏電のおそれもあるので、必ず屋外用と表記されている物を選びます。

ledパネルはきめ細かいデザインができることです。文字やイラストをはっきりと明確に表現することができて広告に使うとよく相手に伝わります。

You Might Also Like